FC2ブログ

Homeカブ>カブで1週間、夏旅した話 4

カブで1週間、夏旅した話 4

2018.03.27 Tue

2017.7.11 火曜日 曇りのち雨



小樽、朝里川温泉での朝ごはんは美味しかった。

8時過ぎ、まだ天気はいいが今日は午後から雨予報なので早めに出発。

目的地の天人峡温泉までは200km以上ある。



小樽から札幌へ。

札幌の市街渋滞を避けたかったので、ぐるっと迂回する国道337号を選んだ。

少し高架になっており、トラックばかりで強風が吹きすさび、車体が流されてとても怖い。



石狩川で風に煽られ、思わず前傾姿勢に。

カブにしがみ付きながら、



頑張れ!!



と心の中で叫ぶ。

日常で、命の危険を感じることなどそうそうない。



江別で国道12号に乗ると、風はおさまりひと安心。

リザーブに入ってガス欠が心配だったので岩見沢のホクレンで給油。

ここはフラッグが置いてなかったけど、置いてある場所をお店の人が親切に教えてくれた。
向かいのセブンでコーヒー休憩。



1時。
旭川の手前、道の駅ライスランドふかがわの目の前にあったラーメン一蔵で、味噌ラーメンを食べる。

店を出ると、地元の方が声をかけてくれた。



道の駅内にあったホクレンで赤いフラッグを手に入れる。

とうとう雨が降り出したので、セブンで晩ごはんを買い出し、カッパ完全防備で天神峡温泉に向かう。



雨足が強まってくる。



天人峡に向かう道道1160号は、今にも鹿が出てきそうな、交通量もほぼない道だった。

雨が降って静かなせいか、余計に神秘的だった。

私だけが迷い込んだみたいだ。



奥へ進むと、長いトンネルの先に、秘境感漂う天人峡温泉 天人閣があった。



雨でカッパも染みていた。
部屋干しして乾かす。

朝食のみのプランで予約をしていたので、宿の人が夕食を心配してくれていた。



とても雰囲気のある、素敵な部屋だった。

岩が迫ってくるような天井の高いお風呂からは、なんだかパワーを感じた。

緊張と冷えでガチガチになった体を、ゆっくり温める。



ご飯を食べるとすぐに眠くなってきた。



明日は富良野。

寝る前にまたお風呂に入って温まってから、就寝。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private