Home>鉄旅(カテゴリ)  TotalPages1

青春18きっぷ 東北旅 3日目、4日目

2016.09.03 Sat



3日目。

東北地方に台風上陸のニュースがしきりに流れている中、秋田の朝はまだ晴れていた。







今日は帰る予定だったが、新潟に宿を取って、やり過ごす予定。

台風を避けて、特急いなほで新潟へ。



特急に乗ると18きっぷが使えず、乗車券と特急券が別途必要になる。

普通列車もいいけど、若干電車の乗り疲れもあったので、ちょっとだけ贅沢をした。

明日の帰路に、18きっぷを1回分残しておかないといけないし。



秋田駅の待合室では、しきりに台風情報が流れている。

お弁当売りのおじさんが、自由席の車両を親切に教えてくれた。







朝食は、お気に入りのナガハマコーヒーでテイクアウトを。カフェオレを頼むと、トーストとゆで卵が付いてきた。







途中まで青空が残っていたけど、いよいよ雨ゾーンへ。

荒れ始めた日本海と家々の景色をぼんやり眺める。

坂町からいよいよ雨脚が強まる。



13時ごろ、新潟駅に到着。







お昼を、新潟駅の改札出てすぐの回転寿司 海鮮家でいただいた。

のどぐろ、しま鯛などの地魚や、普段食べれないようなものを少しずつ。

佐渡産、郷土料理のいごのりを食べた。
海苔こんにゃくのようなもの?



今夜は新潟駅のビジネスホテルに宿をとったので、チェックインの時間まで駅ビルを散策する。







夕方、雨が上がったので、宿に行く前に散歩がてら萬代橋を見に。

駅から歩いて20分くらい。

ライトが点くと、雰囲気ありそうなレトロな橋だった。

今夜と明日の朝ごはんはローソンで調達して、部屋でのんびり過ごす。







新潟駅で買った、旅のおみやげ。

起き上がりこぶしなダルマ。



今夜は明日に備えて早めに就寝。





☆☆☆

今日の行程

羽越本線と白新線で、秋田~新潟へ。





-----------------------







4日目。

朝起きたら、台風一過の晴天。

時間ギリギリ、信越本線の乗り場へ駆け込む。

新潟駅で駅弁買う時間がなかった。
長岡で買えるかな。







長岡に到着。
乗り換えに30分時間があるので、改札を出て、駅前を散策する。







駅前広場には、花火の三尺玉モニュメントが。

長岡と言えば、花火が有名だったな。







改札そばのnewdaysでとりそぼろ弁当と笹だんご、新潟限定ル・レクチェの野菜生活を買った。

野菜生活は、普段より小さいサイズでお値段お高め。
ル・レクチェは高級洋梨なのね。







お弁当を食べたいので、ボックス席でのびのびと。

信越本線も上越線も車両が新しくてきれいだった。







上越線の水上行きは、山の景色でとてもきれい。
空の青さが清々しい。

青々としたいなほが揺れている。







越後湯沢駅でちょうど12時だったので、駅弁を頂く。
好物のやきとりが入ってる。

笹だんごも美味しい!







水上から高崎行きに乗り換え。







私の中では、JRの車両と言えばこれ。

ただし、この旅の中で一番揺れが激しい車両だった。
ゴトンゴトン跳ねて笑える。

山の地形のせいかな?







里山の景色が続く。

普段乗らない路線の車窓は、何とも楽しい。
乗り疲れもあるけど、ストイックさがまた良い。



高崎線で、前橋~熊谷~大宮と。
やがて車窓がいつもの街の景色に変わってゆく。

旅ももうすぐ終わる。



終わってしまうのが寂しくて仕方がない、初めての青春18きっぷの旅。

新たな楽しみを見つけてしまった。



大宮駅に着くと、自宅最寄り駅まで乗り継ぎ、無事帰宅。








旅のお供たち、お疲れさまでした!



☆☆☆

今日の行程

信越本線で、新潟~長岡へ。
上越線で、長岡~越後湯沢~水上へ。
高崎線で、水上~高崎~大宮へ。
宇都宮線で、大宮~帰宅。


スポンサーサイト

青春18きっぷ 東北旅 2日目

2016.09.01 Thu



おはようございます。

昨日は夜遅くにチェックインしたので気がつかなかったけど、宿の前のお堀に群生する蓮が!

うわ~、すごい!
これは何だか幸先いいぞ。



秋田のビジネスホテルに連泊するので、荷物を預けて身軽に出発。







駅前で目に止まった地元のカフェ、ナガハマコーヒーでモーニングのホットサンドセットを。

ここ、ダークブラウンのシックな内装で、ものすごく落ちつける。
明日も絶対来よう。







いよいよリゾートしらかみで、観光へ!
今年デビューの「橅」編成。







特急ではないので、18きっぷと座席指定券520円だけで乗れてしまうのに、この車内。

快適な旅の予感しかしない。

先頭と最後尾の車両には、乗車記念スタンプが押せる場所があるので、ゲット。



東能代駅で進行方向が変わる。
隣のおじさんが座席を回転させてくれた。







次の能代駅では、10分の停車時間でバスケ体験が出来た。

せっかく来たから、私も挑戦。

外れた~!

意外と楽しめるイベント。

出発のとき、ホームで駅員さんがみんな手を振ってくれてた。







岩館から十二湖の間は、日本海の絶景ポイントだった。

澄んだ透明な青い海。

旅先で、見たかった景色が広がってた。







十二湖駅で下車。

ここからバスで15分ほどで、神秘的な青池のある奥十二湖駐車場へ。

バスを待つ間、蝉の声が聞こえた。
まだ夏が残っていた。







気持ちのいい湖畔の道を歩いて、5分で青池到着。







ものすごい青。







泳ぐ魚、沈んで横たわる木。

流れる雲の加減で、ゆらゆら青から濃紺へ。

動きたくなくて、いつまでも眺めていられる。







リゾートしらかみ、今度は「青池」編成で、十二湖から隣のウェスパ椿山へ。

着いたらすぐ待ってた、不老不死温泉の無料送迎バスに乗って、温泉へ。







平日だからか、黄土色の湯と、どこまでも青い日本海の絶景を、水平線の端から端まで独り占め!

かなり開放的な佇まいで、うっかりすると見えちゃうよ。
絶妙に外から見られない位置をキープしながら入浴する。



穏やかな波音と、日光をこれでもかと浴びて。

頭が空っぽって、こういう事か~。







お昼は、深浦のイチオシ、マグロステーキ丼!

そのままでも、片面焼いても、両面焼いても楽しめる。
それぞれ専用ダレと丼で。
つるつるわかめ汁も美味しい!







温泉到着時に予約しておいた、帰りの無料送迎バスで、駅に戻ってウェスパ椿山でお土産を調達。







レストランで、帰りの電車到着までの時間つぶしにお茶を。

ふかうら雪人参の「椿山プリンス」というプリン。

甘さ控えめの上品なお味。







帰路は、ウェスパ椿山駅から秋田駅へ戻る。

最初に乗った「橅」編成の車両だった。

あともうひとつある「くまげら」編成にも乗りたかったけど、行程の都合で乗れず、残念。

19時前に秋田駅に到着。

明日は台風が上陸する予定だけど、どうしよう。

悩む。





☆☆☆

今日の行程

奥羽本線と五能線で、秋田~十二湖へ。
五能線で、十二湖~ウェスパ椿山へ。
五能線と奥羽本線で、ウェスパ椿山~秋田へ。

青春18きっぷ 東北旅 1日目

2016.08.31 Wed



旅に出る前は、何とも言えない気だるい感じ。

わくわくと言うより、いつもの生活リズムから外れるのが、億劫な感じだ。

それでも、駅員さんに18きっぷを渡し、改札でスタンプを押してもらうと、急にわくわくしてきた。

JR時刻表をパラパラめくると更に楽しい。

お昼は福島駅あたりになりそうなので、美味しそうな駅弁を調べる。







宇都宮より先の駅は、ドアの開閉がボタン式になった。
こんな事でも新鮮に感じる。







黒磯から先は、ボックス席になり、景色がだいぶ里山じみてきた。

旅に出たからといって、まだ、頭の中には日常が残っていて、感傷的な感じにはならない。





隣に大きな自転車抱えたお兄ちゃんが座っていた。

18きっぷの旅をして気がついたのは、意外と乗り合わせた人達が、同じ動きをしているという事だった。

あれ、あの人さっきも同じ電車だった、という事がよくある。









福島駅。

駅弁を売っているところが分からなくて、飛び込んだ駅ビル、エスパル福島。

食品街で買った牛タン弁当が、激うま。

お米も肉も、ものすごく美味しい!
柔らかい牛タンと、粒の大きな甘いごはん。







奥羽本線の峠駅で駅弁売りに会えた!

ほんの数分間の停車時間で、素早く駅弁買った乗客のお兄さん、お見事。
「峠の力餅」弁当?
知らなかったー。







新庄から酒田へ。ススキがキラキラしてる。







海が見えた!
夕闇の海、この電車に乗ってる人は、これが日常なんだろうな。

19時半、秋田駅到着。







夕飯は末廣ラーメンへ。

疲れた身体が喜ぶ、濃いめのラーメン。
濃い醤油の色と細麺、柔らかい豚と、盛り放題のネギ、美味しかった。

宿に到着。

明日はいよいよ五能線、リゾートしらかみの旅!





☆☆☆

今日の行程

東北本線で、出発~宇都宮~黒磯~郡山~福島へ。
奥羽本線で、福島~米沢~山形~村山~新庄へ。
陸羽西線(奥の細道 最上川ライン)で、新庄~酒田へ。
羽越本線で、酒田~秋田へ。